ホーム ブログ オフショア開発

【徹底解説】ラボ型開発(ODC...

【徹底解説】ラボ型開発(ODC)とはわかりやすく言うとどんな開発方法?

Rabiloo

アプリ・webシステム開発を、人件費の安い海外で行う、「オフショア開発」がトレンドになっています。

従来、オフショア開発は「請負契約」で行う受託開発が一般的でした。

しかし、近年はラボ型開発で進めるプロジェクトも多くなっています。

  • ラボ型開発とは?
  • 従来の開発方法との違いは?
  • ラボ型開発に向いているのはどんな案件?

この記事では、ベトナムでラボ型オフショア開発サービスをご提供するRabiloo(ラビロー)ブログ編集部が、ラボ型開発の契約形態と進め方についてわかりやすく解説します。

​​ラボ型開発とは?

ラボ型開発のイメージ

ラボ型開発とは、エンジニアの人数と期間をベースにした開発方法です。

ラボ型開発では「成果物」ではなく、「エンジニアの労働」に対して報酬が支払われます。

オフショア会社はスキルに応じてエンジニアのチーム(ラボ)を組み、発注者のプロジェクトのために提供します。

発注者は特定の期間(半年〜1年)、海外エンジニアを自社専属のチームとして編成し、プロジェクトを進めます。

開発を行うのはオフショア会社ですが、発注者は、中長期に渡ってオフショア会社のエンジニアを自社のリソースとして用いることができます。

要件を固めずに契約が行えるため、仕様変更にも柔軟に対応することができます。

ODCとは?

ODCとは、Offshore Development Center(オフショア開発センター)の略で、海外拠点に自社の開発チームを組んでプロジェクトを進める開発手法のことを指します。

つまり、ラボ型オフショア開発のことです。

ラボ型開発と請負開発との違い

かつてオフショア開発は請負(受託)開発が主流でした。

請負開発では、オフショア会社は定義した要件に基づき、期日までに成果物の完成を請け負います。

請負開発は契約の通りに進められる(契約以上のことができない)ため、基本的に途中で要件を追加したり仕様を変更したりすることができません。

一方、ラボ契約は「エンジニアの人数と期間」に対して結ばれます。仕様や納期が定まっていないため、変更にも柔軟に対応することができます。

報酬は「成果物」ではなく「労働」に対して支払われるため、明確なゴールのない業務(継続的な保守、メンテナンス、バージョンアップ等)を含む案件を委託する場合はラボ型開発で行います。

請負開発は「製品の外注」、ラボ型開発は「製品の外注+エンジニアリソースの確保」という側面があります。

ラボ型開発ではどうやってコミュニケーションを取る?

日本側の発注者は、ブリッジSE(BrSE)を通して海外エンジニアチームとのコミュニケーションを取ります。

ブリッジSE(BrSE)は、ちょうど日本側と海外チームの橋渡しをする役割を担います。発注者が定義した要件を現地プログラマーに正確に伝え、開発の進捗状況をこまめに報告し、円滑なコミュニケーションを図ります。

日本人がブリッジSEを務めることもありますが、日本語が堪能な現地のシニアエンジニアがブリッジSEを努めることもあります。

ブリッジSEの仕事内容についてはブリッジSE(BrSE)とは?オフショア開発で必要なスキルをわかりやすく解説という記事をご覧ください。

ラボ型開発のメリットは?

ラボ型開発にはどのようなメリットがあるのでしょうか。大きなメリットを3つ取り上げたいと思います。

メリット①優秀なエンジニアを一定の期間、自社のチームとして確保できる

ラボ型開発が盛んに行われるようになった背景には、日本のIT人材不足が関係しています。

オフショア開発が行われるベトナムやフィリピンなどアジアの新興国では、若い優秀なエンジニアが豊富にいます。ラボ型開発を行うことによって、スキルを持ったエンジニアを自社のリソースとして確保することができます。

ラボ型開発は、外国人エンジニアを「雇用」するわけではないので、ビザの手配、雇用に伴うコストやリスクを負わなくてすみます。

請負型契約の場合、エンジニアはプロジェクトごとの契約になるため、他のプロジェクトにアサインすることはできません。しかしラボ契約の場合は、必要に応じエンジニアを別の案件にもアサインすることも可能です。

一時的に開発ラインを増強したいときなど、短期間だけエンジニアを雇用するのは困難ですが、ラボ型開発は必要なときだけ柔軟にリソースを増やせるのがメリットです。

メリット②仕様の変更も柔軟に対応できる

ラボ型開発は「仕事の完成」を目的とした契約ではないので、納期に縛られることはありません。プロジェクトの途中で仕様の変更が生じても、柔軟に対応できるのが大きなメリットです。

一方、請負型開発は基本的に仕様変更に応じることができません。いったんプロジェクトが始まると、契約に基づいて仕事を完成させなければなりません。仕様変更の際は別途契約を締結する必要が生じ、追加の費用も発生します。しかしラボ契約の場合、契約期間内であれば仕様変更に関する制限はありません。

ラボ型開発は最初に仕様を固めてしまわずに、開発しながら変更を加えられるというメリットがあります。そのため、何度もテストを繰り返しながら開発していくアプリやAIなどの開発で利便性があります。

「アジャイル型」で開発を行う場合、リリースを早く行ない、ユーザーの反応を見ながら改良・修正していくことも可能です。

メリット③ノウハウを蓄積できる

請負型開発の場合は、プロジェクトごとに単発で新しいチームを編成します。そのため、成果物が納品されるとチームは解散になり、ノウハウが溜まっていきません。

一方、ラボ型開発の場合、1つのプロジェクトが終了しても、契約期間中はチームとして仕事を続けます。終了したプロジェクトで得られた知識やノウハウが蓄積されていき、品質や開発スピードが向上していきます。

ラボ型開発のデメリットは?

ラボ型契約のデメリットについても考えましょう。

デメリット①チーム構築に時間がかかる

ラボ型契約の場合、発注者となる日本企業が主体にチームをマネジメントしていきます。文化も言語も異なるチームを自社のチームとしてうまく機能させるため、案件開始までに1〜3ヶ月程度チームビルディングのために時間を要します。

オフショア開発に不慣れな企業の場合、チームをうまく使いこなせず、プロジェクトが失敗に終わるケースもあります。

ラボ型開発は中長期の開発プロジェクトになるため、スタート時点でしっかりと人員を見極め、チームを構築する必要があります。

デメリット②チームを使いこなさないと逆にコストがかかる

ラボ型開発は期間で結ぶ契約です。プロジェクト終了後も契約期間が残っていれば、仕事がなくてもコストが掛かります。

そのため契約期間内にリソースを無駄にしないための計画が必要になります。定期的に案件がない企業、または単発の案件では逆にコストがかかってしまうことがあります。

デメリット③品質や納期に関して責任が少ない

請負契約の場合は委託先(海外ベンダー)がすべて成果物の品質と納期に関する責任を負います。しかしラボ契約の場合、成果物に対する品質や納期が厳密に担保されているわけではありません

「すでに要件定義が詳細に定まっている」「いつまでに完成させたいという期限がはっきりしている」という場合は請負型開発のほうが適しているでしょう。

ラボ型開発が向いている案件

ラボ型開発は、中長期に渡って、テストを繰り返しながらコストを抑えて開発するプロジェクトに向いています。

以下のような案件であれば、ラボ型契約のメリットが出せます。

  • 長期にわたってメンテナンスと運用が必要な自社システムの開発

  • 柔軟に仕様変更を行いながら開発していく案件

  • 何度も改良を模索しながら開発していくAI、VR/AR技術などを用いる案件

  • 一時的に開発ラインを増やしたい案件

自社のオフショア開発拠点を設立したい企業

中長期的にリソースを確保して行かなければならない企業は、将来的に自社のオフショア開発拠点を設立を検討しているかも知れません。

しかし、オフショア開発の経験もなしにいきなり海外に子会社を設立するのは非常にリスキーです。

手始めにラボ型開発で、アウトソーシングをするところから慣れて、徐々に開発拠点の設立を検討していく流れで進めていくと、うまくいきやすいでしょう。

まとめ

この記事ではオフショア開発の契約形態の一つであるラボ型開発(ODC)について解説しました。

ラボ型開発は

  • 優秀なエンジニアを一定の期間、自社のチームとして確保できる

  • 仕様の変更も柔軟に対応できる

  • ノウハウを蓄積できる

  • アジャイルとも相性が良い

このようなメリットがあるため、多くのオフショアプロジェクトで採用されています。

しかし、オフショア開発に慣れていない場合、マネジメントがうまくいかず、チームをうまく活用できないこともあります。

 

それでまず小さな受託案件から始めて、慣れたらラボ型に移行していくのが、オフショア開発のセオリーになっています。

ベトナムオフショア開発ならラビロー

ラボ型オフショア開発ならRabiloo(ラビロー)へ

ラビローのベトナムオフショア開発サービスでは最短で1ヶ月、最低で1名からのスモールスタートでラボ型開発を提供しております。

弊社のエンジニアの80%はハノイ工科大学出身です。

日本企業のビジネスパートナーとして、店舗公式アプリ・業務システム・Webアプリの開発実績が多数ございます。

コミュニケーションはすべて日本語です。

信頼できるオフショア企業をお探しの企業様、ぜひ一度お気軽にお問い合わせください。

お見積り・ご相談は無料です。

お問い合わせ