ホーム ブログ オフショア開発

ブリッジSE(BrSE)とは?...

ブリッジSE(BrSE)とは?オフショアでの役割と必要なスキルは?

Rabiloo

オフショア開発では海外のエンジニアチームとプロジェクトを進めていきます。

しかし、そもそも言語や文化の異なる海外チームとどのようにコミュニケーションが取れるのでしょうか。

そこで鍵となるのが、ブリッジSE(BrSE)の存在です。

本記事では、ベトナムのオフショア開発企業Rabiloo(ラビロー)のブログ編集部が、弊社でも活躍しているブリッジSEの役割について、またブリッジSE(BrSE)に求められるスキルについてしっかり解説していきます。

オフショア開発に関心はあるものの、コミュニケーションの面でまだ不安をお持ちの方のお役に立てれば嬉しいです。

ブリッジSE(BrSE)とは?

BrSEとは橋渡しをするエンジニア

ブリッジSE(BrSE)とは、オフショア開発において日本側と海外エンジニアチームがスムーズにプロジェクトを進められるようコミュニケーションを取り、進捗をマネジメントするエンジニアのことです。“BrSE”とも表記されます。

オフショア開発は海外のエンジニアを使って開発を行うため、当然コミュニケーションの問題が生じます。

ブリッジSEは、英語もしくは日本語でコミュニケーションを取り、日本側の要望を理解し、それを海外チームに正確に伝えます。

日本人がブリッジSEにアサインされることもありますが、現地のエンジニアがブリッジSEを務めることもよくあります。

ブリッジSEが果たす役割

ブリッジSEは「ブリッジ」と言う名の通り、日本の発注者と海外エンジニアチームとの間でコミュニケーションや進捗報告の「橋渡し」の役割をします。

単に通訳を行うだけでなく、エンジニアの経験を生かしてプロジェクトのきめ細かい進捗をマネジメントします。

オフショアプロジェクトが成功するかどうかは、ブリッジSEの能力とレベルにかかっていると言っても過言ではないほどブリッジSEは重要な役割を担っています。

ブリッジSEのコミュニケーション言語

日本語の話せるブリッジSEも多い

一般的にブリッジSEが用いる言語は、英語日本語になります。

英語が公用語である、フィリピンやインドでは英語でコミュニケーションが取れます。

一方、日本語学習者が多い中国やベトナム、ミャンマーなどでは、日本語の堪能なシニアエンジニアがブリッジSEを担当することが一般的です。

ベトナムでは新しいオフショア開発会社が次々に登場し、競争も激しくなってきているため、「100%日本語でコミュニケーションが取れる」ということがサービスの標準になりつつあります。

バングラデシュなど、その他の国でコミュニケーションに用いられる言語は英語になります。

しかし英語はお互いの母語ではないため、ニュアンスがうまく伝わらないことがあります。

ブリッジSE(BrSE)に必要なスキル

では、ブリッジSEにはどんなスキルが求められるのでしょうか。

高い外国語のスキル

まず基本的な役割として、海外チームとの「橋渡し」をするわけですから、簡単なコミュニケーションが取れるだけでなく、しっかり交渉やマネジメントができるだけの高度な語学力が求められます。

とりわけ海外側がブリッジSEを担当する場合は、日本語能力試験N1レベルの日本語がないと難しいでしょう。一方、日本人が担当する場合は、高い英語スキルが求められます。

高いコミュニケーションスキル

エンジニアとしてのスキルは当然のこと、ブリッジSEにはとりわけ高いコミュニケーション能力が求められます。

語学が堪能であるだけでなく日本側の意図したことを、的確に汲み取って理解し、それをしっかり伝えることができなければなりません。

コミュニケーションギャップが生じないように両国の文化や商習慣に通じていることが特に求められます。

高いマネジメント能力

またブリッジSEには、日本側の代表として要件を正確に海外のエンジニアに伝え、進捗を管理し、チームをまとめてうまく回していく、高度なマネジメント能力が要求されます。

海外チームと日本の時差や祝日の違いも当然考えてスケジュールを考えなければなりません。

単なる通訳者ではこの仕事は勤まりません。全体的な流れを一通り理解していなければならないので、エンジニアとしてもある程度経験を積んでいることが求められます。

ブリッジSE(BrSE)の仕事内容

次にブリッジSE(BrSE)が日常行う仕事内容を見ていきましょう。

プロジェクトの全容を正確に理解してエンジニアに伝える

開発のスタートの段階で、日本側の要件や要望をしっかり理解し、エンジニアに確実に伝え、今後のやり方や進め方について説明します。

ここが前提となってプロジェクトを進めていくので、これは非常に重要な仕事です。

設計書などの文書を翻訳したり補足したりする

日本側が作成した設計書では、システム開発において「日本では当然」とされているようなことは省かれていることもあります。

そのため、現地のエンジニアが、日本企業の出した意図を確実に理解できるように、補足したり意味を修正したりすることもブリッジSEの重要な仕事です。

仮に設計書の段階でそうした意味の誤解が生じると、後で取り返しのつかないことになってしまうため、正しい翻訳は必須です。

また、プロジェクトの中で必要な文書の翻訳など日常的に翻訳作業を行います。

開発の進捗状況を管理して報告する

ブリッジSEが特に重要視しているのが、日本の報連相の文化です。

しかし、日本側のマネジメントが原因でブリッジSEだけではどうにもならない状況になることもあります。

オフショア開発においてたびたび問題となるのは、現地にプロジェクトを丸投げにしてしまって、失敗するケースです。

それを避けるためにも、ブリッジSEは日本のプロダクトマネージャーとしっかり連携を取り合い、進捗状況を報告することを重要視しています。

納品物をチェックする

開発の段階から、ミスが無いかしっかりチェックし、品質や、開発中の製品がクライアントからの要望を満たしているかを確認します。納品前に最終的な確認を行います。

実装ではなくマネジメントが主な業務

以上のようにブリッジSEは一般のシステムエンジニアと違って、設計や実装に直接関わるのではなく、全体をマネジメントしていくことが主な業務になります。

また、通訳が主な業務であるコミューターとも異なり、システムエンジニアとして開発全体の業務を経験しているので、現場がよくわかります。個々のプログラマーの進捗を見守り、調整することが求められます。

»ベトナムオフショアで奮闘する現役ブリッジSEにインタビュー

ブリッジSE(BrSE)の単価は?

ブリッジSE(BrSE)は特別なスキルが求められるため、単価は一般のエンジニアより高くなります。

経験によって異なりますが、一般的に海外のブリッジSEをアサインする場合35万円~50万円ぐらいが相場となっています。

一方、日本人のブリッジSEの平均単価は50〜70万円ぐらいが相場になっています。

ブリッジSEのコストがオフショア開発では余分にかかることになります。

しかしそのようなコミュニケーションコストを加えたとしても、トータルで見ると、オフショア開発はコストダウンができます。

例外的にプロジェクトの規模や内容によっては、ブリッジSEを立てないで開発を行なうこともあります。

まとめ

本記事では、ブリッジSEの役割と仕事内容についてご紹介しました。

ブリッジSEはグローバル化の流れの中で生まれた職種です。

ブリッジSEは、オフショア開発で日本と海外の橋渡しをする重要な役割を担っています。オフショア開発を成功させる鍵はブリッジSEにかかっているといっても過言ではありません。

Rabiloo(ラビロー)は、ベトナム・ハノイに拠点を置くソフトウェア開発会社です。

ラビローのラボ型オフショア開発サービスでは、日本語が堪能で日本での就業経験を持つ優秀なブリッジSEを提供しております。

日本語を習得中のエンジニアも多数在籍しており、定期的に日本語や日本文化についての教育も行っております。

弊社ブリッジSEは報連相の商文化をしっかり理解し、お客様の気持を汲み取れるスキルセットを備えています。

オフショア開発がはじめてでも安心してご利用いただけます。

良心的なベトナムのオフショア開発会社をお探しの企業様、ぜひお気軽にお問い合わせください。

スモールスタートでご利用いただけます。

ご相談・お見積りは無料です。

お問い合わせ