お役立ち資料

テクノロジー、経営管理、ビジネスに活用できるお役立ち資料を提供しています。ぜひご活用ください。

勤怠管理システムとは?できることや導入のメリットを徹底解説!

手作業での勤怠管理は非常に手間がかかり、効率の悪い作業になります。勤怠管理システムを導入すれば、勤怠管理を一元管理でき、休暇の申請やリモートワークや出張時の勤怠も正確に管理できます。本記事では、勤怠管理システムの概要と導入のメリット・デメリットをわかりやすく解説しています。

初心者のためのアプリ開発依頼のコツ・外注先の選び方徹底ガイド!

この記事ではアプリ開発の依頼方法と外注先の選び方を初心者向けに解説します。アプリ開発に必要なポイントや注意点も徹底的に説明しています。この記事を読んでいただければ、アプリ開発の依頼のためにどんな準備をすれば良いか知ることができます。

なぜプロググラマーは不足するのか?具体的な解消法を解説!

プログラマー不足は今や世界的な問題となっています。この記事では、なぜプログラマーが不足するのか、プログラマー不足の影響そしてどうすれば解消することができるのか、様々な取り組みについて詳しく解説します。

ベンダーが解説するオフショア開発の進め方・コミュニケーションの秘訣!

オフショア開発は外国の企業とやりとりしなければならないから、ハードルが高いと感じていませんか?でも、実はオフショア開発はそんなに難しくありません。手順を踏んで進めていけば、初めてでも安心して行えます。この記事では、オフショア開発が初めての企業様向けに、弊社が普段行っているオフショア開発の進め方をご紹介しています。オフショア開発導入の際に参考にしていただければ幸いです。

【初心者向け】ネイティブアプリとは?webアプリと比較したメリットは?

ネイティブアプリとは何でしょうか?この記事ではアプリを作成する際の選択肢をいくつか取り上げて、機能、コスト、効率の面で最も賢い選択ができるよう、初心者の方にもわかりやすいように丁寧に解説します。

【ベトナムオフショア開発】現状と独自の強みとは?【ランキング1位の秘密を探る!】

オフショア開発の最新の国別ランキングでは、ベトナムに人気が集中しています。日本企業が新規のオフショア開発案件でベトナムを選択する理由は何でしょうか。この記事ではベトナムオフショアの現状をお伝えし、ベトナムでオフショア開発を行うメリットについて考えます。

アプリ開発費用の平均相場は?費用の内訳とコスト削減のヒントを徹底解説!

アプリ開発の需要はかつてなく増大しています。できるだけ低コストで、しかも高品質なアプリを開発するにはどうすればよいでしょうか。この記事では高品質を保ったままコストを下げるいくつかのヒントをご紹介しています。

デジタルサイネージを導入すればメリットや効果が本当に期待できる?

デジタルサイネージの活用が一般的になっていますが、まだ導入を検討中の企業や店舗も多いでしょう。この記事ではデジタルサイネージを思わず活用したくなるさまざまなシーンでのメリットについて解説しています。

【DXのXとは何?】Transの略称にXが使われている理由をわかりやすく解説!

DXは「デジタルトランスフォーメーション」のことだ、ということはご存知だと思います。しかしなぜDigital Transformationの略称が「DT」ではなく「DX」なのでしょうか。また、そもそも「DX」とは何でしょうか。この記事ではこんな素朴な疑問に答えます。

見積もりを取る前に知っておきたい【エンジニア1人月の相場】は?

この記事はアプリ・システム開発をベンダーに依頼するにあたって、ざっくりとしたエンジニア単価の相場を知りたい方におすすめです。システム開発の見積もりで使われる「人月」とは何か、人月単価はどのように決まるか、ベンダー選定時に無駄なコストをかけずに済むヒントについても解説しています。

英語でオフショア開発を行うメリットとは?【中学英語でもOK】

オフショア開発のコミュニケーション言語を日本語ではなく英語で行うならどんなメリットがあるでしょうか。この記事では英語で開発を行うメリットと、オフショア委託国の英語能力、開発を英語で行う際の注意点とコツについて解説しています。

中国オフショア開発の現状は?リスクや問題点、メリットを解説

以前はオフショア大国だった中国は単価が高騰し、新規案件ではほとんど選択されなくなっています。この記事では中国オフショア開発の単価、最新の動向、導入の際のリスクや問題点について解説しています。

人気記事

ラビローについて

ラビローはベトナム・ハノイで、高品質・低コストなオフショア開発サービスを提供するソフトウェア開発会社です。

ブログの新着情報をお届けします

テクノロジー、経営管理、ビジネスに関する最新の資料をチェックする

thank you