ホーム ブログ オフショア開発

受託開発とは?オフショア開発で...

受託開発とは?オフショア開発で受託開発が向いている案件は?

Rabiloo

近年では、海外のベンダーにITプロジェクトの一部を外注するオフショア開発を選択する企業が多くなっています。

システム開発やアプリ開発の下流工程を人件費の安い新興国のベンダーに下請けに出すことで、開発コストを大幅に削減できるメリットがあります。

オフショア開発を行うには、主に受託開発ラボ型開発、2種類の選択肢があります。

最近はアジャイルと相性の良いラボ型開発を取り入れる企業も多くなっていますが、一方で受託開発にもメリットがあります。

本記事では、オフショア開発における受託開発のメリットと、ラボ型開発を取り入れる前に小さな案件を受託開発で行うスモールスタートのメリットについて、ベトナムオフショア企業であるRabilooのブログ編集部が解説いたします。

受託開発とは?

IT業界において受託開発とは、企業から依頼を受けて、発注者の注文通りのシステムやアプリを開発することです。自社にエンジニアや開発リソースがないユーザー企業が、外部ベンダー(SIer=エスアイヤーとも言われる)に外注して行う開発方法です。

一方自社のエンジニアを使って開発することを自社開発または内製といいます。

アメリカのユーザー企業の大半は自社にエンジニアを抱え、自社でシステム開発を行っています。

一方、日本のユーザー企業は自社にエンジニアを持たず、ベンダーに外注して受託開発を行うのが一般的です。

システム開発を外注するメリット・デメリットは?失敗しない外注先の選び方

受託開発と委託開発との違いは?

受託開発と似た言葉で委託開発という言い方もありますが、これは注文を受ける側と発注する側の視点の違いです。

ユーザー企業は、開発をベンダーに「委託」します。

ベンダーは開発を「受託」します。受託開発はベンダーが発注者の「委託」を受けて開発することです。

受託開発と委託開発に大きな意味の違いはありませんが、一般的にオフショア開発では「受託開発」という表現を使います。

受託開発は請負契約で行う

オフショア開発において受託開発は請負契約で行われます。

請負契約は成果物を納期までに完成させることをゴールとします。

報酬は成果物の完成に対して支払われます。

請負契約では、システムやアプリなど、プロダクトの完成を成果地点とするものや、「コーディング」や「サイトのログインページの作成」など、工程の一部を完成させることを成果物として契約を結ぶこともあります。

請負契約では完成後も、一定期間は「契約不適合責任(旧 瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)」を負い、バグの修正を請求することができます。

受託開発はウォーターフォール型で進めることが多い

受託開発はウォーターフォールモデルで進められる

受託開発は一般的にウォーターフォール型で開発が進みます。

開発がいったんスタートすると、水が上流から下流に流れるように、工程を後戻りすることができません。つまり、要件をいったん定義してしまうと後から仕様変更することができません。そのため要件定義のフェーズで、発注する製品の仕様を明確にしておかなければなりません。

仕様を変更する際は、別途契約を結び直すことになります。

受託開発では、プロジェクトごとにエンジニアをアサインし、製品が完成するとチームは解散になります。

要件定義のフェーズで仕様が定まっていない場合、仕様変更にも柔軟に対応できるラボ型開発を選択することができます。

参考記事:【わかりやすく解説】最近流行りのラボ型オフショア開発(ODC)とは?

受託開発の流れ

オフショア開発における受託(請負)開発は以下のような流れになります。

オフショア開発における受託開発の流れ

受託開発において事前に仕様を明確にしておくことは極めて重要です。

要件定義のフェーズで、最終的に合意した使用に基づいてベンダーは、必要な工数と費用を見積もり、スケジュールを組みます。

要件の追加は、プロジェクトのスケジュールに無理を生じさせ、低品質な製品の仕上がり、最悪の場合プロジェクトの炎上につながります。

また、開発をオフショア企業に全部丸投げにしてしまうのも非常に危険です。

発注者はオフショアベンダーと密にコミュニケーションを取り、進捗を確認していく必要があります。

受託開発を選択するメリット

オフショア開発を行う際、受託(請負)開発にはどんなメリットがあるでしょうか。

完成品の納期が保証されている

受託(請負開発)では受注側は完成義務があるため、品質と納期に対して責任を追わなければなりません

開発から完成までの工程が最初から明確になっているため、リリースまでのスケジュールが決まっている案件では納期が保証されていることは大きなメリットです。

予算の管理がしやすい

請負契約は成果物に対して報酬が発生するため、予算が立てやすいというメリットがあります。

受託開発を選択するデメリット

では、オフショア開発で受託開発を選択するときどんなデメリットがあるでしょうか。

コミュニケーションが難しい

海外企業に外注する際、一番大きな壁となるのは言語の違いです。

国内ベンダーであっても、要件を明確に伝えるのは難しいと言われています。

オフショア開発では、ブリッジSEが日本側と海外エンジニアチームの橋渡しとなってコミュニケーションを取ります。

多くの国ではブリッジSEは英語でコミュニケーションを取ります。

日本語ができるブリッジSEであっても、発注者の微妙なニュアンスや意図が伝わらなかったりすることがあり、工程が出戻りになることもあります。

ブリッジSE(BrSE)とは?オフショア開発で必要なスキルをわかりやすく解説

仕様変更ができない

途中で変更したい点が生じても、契約事項に基づいて開発を進めるため、途中で仕様変更ができません。どうしても仕様変更を行わなければならない場合、別途契約を結び直す必要があり、コストが余分にかかります。

要件の追加や仕様変更はトラブルのもとになります。

そのため受託開発は、一旦リリースして、ユーザーの反応を見ながらバージョンアップを繰り返して完成させるような案件には向いていません。

受託開発が向いているオフショア案件

はじめから作りたいものが明確になっている案件では、受託開発が向いています。むだな工程を加えずに必要な機能のみを装備して比較的短期間でリリースまでのスケジュールを組むことができます。

実際のところ、これまでオフショア開発のほとんどの案件が、受託(請負)開発で行われてきました。

低コストで短期間でソフトウェアやシステム開発を行なうのに適しています。

まとめ

この記事ではオフショア開発において、受託開発とはどのような開発方法か、またそのメリットとデメリットについて見てきました。

開発を依頼したい案件の種類や規模によって、オフショア開発の方法を選ぶことができます。

近年ではラボ型開発が主流になっていますが、オフショア開発の経験がない場合、まず受託開発で小さな案件を成功させ、ラボ型に切り替えていく、という方法がオフショア開発のセオリーになっています。

Rabilooはベトナムで受託開発を行うオフショア開発会社

Rabiloo(ラビロー)はベトナム・ハノイを拠点にオフショア開発を請け負うソフトウェア・アプリ開発会社です。

お客様のさまざまなニーズにお応えできるよう、受託開発サービスを提供しております。

  • 店舗公式アプリ
  • 業務システム
  • 会社管理ソフトウェア
  • 勤怠管理システム
  • 文字認識システム

業務効率化、集客アップ、DX化を加速させる魅力的なITソリューションをオーダーメイドで作成します。

コミュニケーションは日本語で行いますのでご安心ください。

見積り・相談は無料です。お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ