オフショア開発サービス Rabiloo

オフショア開発サービス

AIなどを活用したDX(デジタルトランスフォーメーション)はとはいえ、かなり多くの国内企業が未だにDX化を進めてられていないという現状です。齢化の日本ではITエンジニアの供給が追いついていないという厳しい現実があります。

  オフショア開発を利用するなら、こうした問題を解消することができます。コストを抑えて、DXをビジネスに取り入れ、豊富な若い優秀なエンジニアを低単価で確保することができます。Rabiloo(ラビロー)は日本企業の良きパートナーとして、 業務システム開発、Webサイト制作、アプリ開発、AI開発などのベトナムオフショアサービスを提供しています。

ラビローのオフショア開発サービス

Great partnership, great outcomes

ラビローは、お客様のニーズに応じた研究・開発を行っています。
ご要望を伺った後、共に協力してお客様の要望通りの製品へと仕上げていきます。

アプリ開発

詳しく見る

ウェブサイトの設計

詳しく見る

業務システムの開発

詳しく見る

人工知能(AI)

詳しく見る

VR/AR

詳しく見る

ゲーム開発

詳しく見る

オフショア開発のプロセス

--}}

要望の受け入れ

ヒアリング、オリエンテーション

お見積り

ご契約

開発スタート

オフショア開発の契約形態

ラボ型開発 (OSDC)
ラボ型開発 (OSDC)

ラボ型開発とは、貴社のご要望に応じたスキルを持つ貴社専属のエンジニアチーム(ラボ)を組み、一定の期間、貴社のリソースとしてご提供するという開発方法です。チームはその期間中すべての時間を貴社のプロジェクトのために集中することになります。貴社はプログラミングエンジニアだけでなく、高スキルの品質管理・デザイナー・プロジェクトマネージャーも自社のチームとして選び、一定期間所有することができます。

受託型開発 (Project-based)
受託型開発 (Project-based)

貴社の側で製品についての要件がすでに定義できている場合は、受託型開発のほうが適しているかもしれません。発注いただいた後、ラビローは合意された期日と予算内で品質基準を満たした成果物を納品いたします。

question_mark

ラビローが

選ばれる理由

高品質-スピーディ-低価格

国際基準を満たした高品質の製品を、スピーディーに、コストを抑えて納得の低価格でご提供しています。

セキュリティー対策

顧客情報のプライバシーポリシーを尊重し、情報の透明性に徹底的に取り組んでいます。USBポートブロック、Kasperskyセキュリティソフトウェアの使用、VPNによる社内ネットワークを使用し、ISO / IEC 27001に準拠した情報セキュリティ対策を適用しています。

高い専門知識-豊富な経験

開発チームは15年以上の経験を持っています。ベトナムのテクノロジー分野における著名な専門家との協力技術研究開発を行い、ベトナムの主要大学と協力して優秀なエンジニアを採用しています。

主な使用技術

Back-end

Cloud

Data

Enterprise

Frontend

Game

Hightech

Mobile

Servers

開発事例

OKR-目標管理システム

組織がOKRによる目標を達成するための管理システムです。

Shopify アプリケーション

Shopifyでお得なキャンペーンを管理用アプリを作成。「Bold Discount」と同様のアプリです。

個人プロジェクト向けパートナー募集システム

フリーランスと仕事発注者をマッチングするシステムです。

LINE公式の予約管理システム

サロン専用向けシステム開発です。Lineを通して、シンプルに予約受付・管理を自動化します。


よくあるご質問

1
ラボ型契約は最短で何ヶ月から、また最低何人から行えますか?
最短で1ヶ月、また最小でエンジニア1名からでもラボ型契約を行うことができます。

2
ラビローが使っている進捗管理とコミュニケーションのツールは何ですか?
弊社はRedmine, Trello, Backlog, Excelなどを使ってプロジェクトの進捗を管理しています。お客様と連絡する時によく使用するコミュニケーションツールはSkype, Slack, Chatwork, FB Messeger, Google Hangout, Appearです。また、お客様のご要望に応じて、それ以外のツールにも対応いたします。 こうしたツールを活用することによって、時差や地理的な隔たりを解消しラビローは必要なときにいつでもカスタマーサポートを提供します。

3
開発プロジェクトの費用はどのように計算しますか?
ラボ型契約の費用は、1ヶ月ごとにエンジニアの人数に基づいて計算され、月額でのお支払いになります。
受託型契約の費用は成果物に基づいて計算され、契約締結後に料金の半額を前払いいただき、残りの半額を成果物を納品後にお支払いいただきます。

4
プロジェクトの進捗状況をどのように把握することができますか?
各プロジェクトにおいて、プロジェクトマネージャー(PM)とブリッジエンジニア(BrSE)は、プロジェクトの進捗状況を管理し、頻繁に報告する責任を担います。 サポートが必要な場合、お客様はコミュニケーションツールを用いてプロジェクトのPMまたはBrSEと直接連絡を取ることができます。
さらに、お客様ご自身でプロジェクト管理ツール(Redmine、Backlog、Jira、WBS Excel ...)を通してプロジェクトの進行状況を直接追っていただくことができます。週に1度、日本とベトナム側との間で定期オンライン会議を行い、プロジェクトの進捗について詳しく話し合い、報告します。

お問い合わせ

すべての成功のはじまりはここから!無料相談はこちらからお寄せください。

どこでラビローをお知りになりましたか?
弊社プライバシーポリシーに同意する