ホーム ブログ UX/UI

βテスト(ベータテスト)とは...

βテスト(ベータテスト)とは?リリースまでのテストのやり方を解説

Rabiloo

テストは、アプリ開発、システム開発において非常に重要なフェーズです。

実際、開発プロジェクトではプログラミングにかける時間よりも、テストにかけている時間のほうが多いのです。

 

製品をリリースする前に行う最終仕上げとなる重要なテストが、ベータテストです。

ベータテストは、ソフトウェアが一般に公開される前に、リリースの準備が十分整っているかどうかをメーカーが知るのに役立ちます。

ベータテストは、製品開発のライフサイクル全体において重要な役割を果たしています。

「顧客のニーズを満たし、満足度を高める」。これは、すべてのIT企業の目標です。

本記事では、ベータテストの種類、リリースまでのプロセスについて解説していきます。

関連記事: ソフトウェアテストが開発において重要な5つの理由

ベータテストとは?

βテストとは?

ベータテストとは、エンドユーザー(実際に製品を使用する人)に一定期間にわたって確認をしてもらい、製品への満足度を測る手法の一つです。

ベータテストは、実際のユーザーに本番環境でリリース直前の製品(β版)を使用してもらい、最終リリースと同じハードウェア、ネットワークなどで動作する本番環境でテストを実施します。

このフェーズは、一般リリース前にバグや問題点を明らかにする機会となります。

ベータテストの種類

ここでは、一般的なベータテストの種類を紹介します。

パブリックベータテスト

パブリックベータテストでは、​​製品の機能を一般に公開し、エンドユーザーからフィードバックを集め、開発チームに送り、新たな改良に取り組んでもらいます。

テクニカルベータテスト

テクニカルベータテストは、技術に精通したユーザーグループ(開発企業の内部チーム)を対象にしたテストです。このテストの目的は、複雑なバグを発見し、開発チームに高品質なテスト実行レポートを提供することです。

技術に精通したテスト参加者は、テストにより集中し、途中で問題が発生しても、より積極的に、最後まで実験を完了しようとする姿勢を持っています。

フォーカスドベータ

特定のプログラム機能に関するフィードバックを収集するために、製品を一般に公開することです。これらはどんな特徴や機能でも構いませんが、製品の成功に必要であると考えられる機能をテストします。

マーケティングベータテスト

マーケティングベータテストの目的は、メディアから製品への注目を集めることです。

全体として、このタイプのベータテストは、マーケティング・チャネルの評価に役立ち、また新製品の機能に対する顧客の反応を理解するために使用されます。

リリース後ベータテスト

このテストでは、製品を市場にリリースし、将来のバージョンアップのためのデータを収集します。

関連記事: Webサイトのテストを成功させる5つの秘訣

ベータテストの目的

ベータテストには以下のような目的があります。

  • 顧客満足度を評価する

  • 製品リリースと普及のための準備が整っていることを確認する

  • 提案/フィードバックを収集し、効果的に評価することに重点を置く

  • 製品に対する顧客の反応を確認する

基準

ベータテストの前にテスターによるアルファテストが行われます。

ベータテストにおける基準は以下の通りです。

エントリー基準

  • アルファ版サイトからのフィードバックが良好で、バグが解決されている

  • ソフトウエアの機能に影響を与える致命的なバグはない

  • セカンダリープラットフォームの互換性テストが終了している

  • ベータ版サイトはインストール可能な状態である

アウトプット基準

  • すべてのサイクルが終了している

  • 深刻な問題を修正して再確認する必要あり

  • テストの参加者から提供されたフィードバックの効果的なレビューが完了していること

  • ベータテストのレポートを完了する

  • 開発者へバグを報告する

ベータテストのプロセス

ベータテストのプロセス

この種のテストは様々な方法で行うことができますが、一般的には主に5つの段階があります。

ステップ1)計画

ベータテストは、適切な目標・プランニング設定の助けとなります。

これは、テストに参加するために必要なユーザー数や、目標を完了し達成するために必要な時間を計画するのに役立ちます。

ステップ2)参加者の募集 

予算の関係上、参加ユーザー数には最低と最高数の制限を設ける必要があります。一般的な製品から複雑な製品まで、50〜250名程度のユーザーを必要とします。

ステップ3)プロダクトローンチ

クライアントやユーザー側でベータ版の製品を発売、またはインストールし、製品の品質をテストします。最後に、フィードバックに基づいて、問題やバグを開発チームによって修正・解決します。

ステップ4) フィードバックの収集と評価 

検出されたバグは、バグ管理プロセスで処理します。

参加者が製品を使用した経験に基づいて、フィードバックや提案を収集します。

顧客の満足度を向上させるよう、フィードバックを分析し、評価する

フィードバックは、分析し、顧客が製品に満足するように評価される。

次のバージョンで製品を改善するために、フィードバックが考慮されます。

ステップ5)クロージング

ある時点までに、すべての機能が正常に動作し、バグが発生せず、アウトプット基準を満たした場合、ベータテスト・フェーズを終了することを決定します。

誰が、いつベータテストに参加するか

ベータテストを実施するのは、実際のユーザーです。

ベータテストはユーザー受入テストの最も重要なフェーズで、アルファテストの後、製品が90%〜95%完成に近づいた、テストライフサイクルの最後に行われます。

このライブリリースは、アクセシビリティ、ユーザビリティ、および機能性をテストするため、クローズドで公開されます。

関連記事:モバイルアプリテストにおける基本テスト項目

ベータテストのメリット・デメリット

ではここでデータテストのメリット・デメリットを考えましょう。

メリット

  • テストでユーザー側の操作をコントロールすることはできない。ユーザーは利用可能な機能を自由にテストでき、主要な機能は十分にテストされることになる

  • アルファテストを含むこれまでのテスト作業では見つからなかったバグを発見できる

  • 製品の使用状況、信頼性、安全性をよりよく確認できる

  • 製品に対する、実際のユーザーからの意見や感想を分析できる

  • 製品改良の参考になる、フィードバックや提案が得られる

  • 製品に対する顧客満足度を高めるのに貢献する

デメリット

  • テストプロセスの管理・制御が難しい

  • 参加者は定義されたテストの範囲に従わない場合がある

  • ドキュメントが多岐にわたるため時間がかかる:バグログ、フィードバック・提案ツールの使用、手動プロセス(インストール/アンインストール、手動)のテストなど

  • すべての参加者が資格要件を満たしているわけではないすべてのフィードバックが機能するとは限らない - フィードバックのレビューに時間がかかる

まとめ

ベータテストは、市場に出る前に、ユーザーに製品を体験してもらうための手法の一つです。

製品がさまざまなプラットフォームで徹底的に改良され、モデレートされ、実際のエンドユーザーから貴重なフィードバックが得られれば、その品質は常に最高の結果を達成することができます。顧客満足度の向上は成功の鍵です。

弊社Rabiloo(ラビロー)では、ソフトウェアテストのステップを決して省略せず、品質管理チームのトレーニングと品質改善を継続的に行っています。このことが製品の品質とお客様の満足を得られる秘訣だと心得ています。

質の高い、ベンダーパートナーをお探しのお客様、ぜひ一度Rabilooまでご連絡をお寄せください。

お問い合わせはこちらから