ホーム ブログ オフショア開発

React Nativeとは?...

React Nativeとは?アプリ開発でReact Nativeを選択する理由

Rabiloo

企業のDX(デジタルトランスフォーメーション)推進が求められる時代に、モバイルアプリ開発はもはや必須の選択肢になっています。

競争もますます激しくなり、アプリ開発のスピードがかつて無く求められています。しかし、ご存知のようにスマホアプリはiOSとAndroidの2種類のプラットフォームで開発しなければなりません。

ベンチャー企業や中小企業にとって、できるだけコストを抑えてスピーディーにアプリ開発を行うのは一つの課題になっています。

この課題を解決するためにクロスプラットフォーム・アプリケーションが誕生しました。

この記事では、クロスプラットフォーム・アプリケーション・プログラミングの代表的なフレームワークであるReact Nativeについて解説します。

React Nativeとは?

ハイブリッドアプリ開発の代表的なフレームワークのーつであるReact Native

React NativeはFacebook(meta)社が開発したオープンソースのJavascriptのフレームワークです。

一つのソースを書くだけでAndroidやiOSで動くハイブリッドアプリを開発することができます。

 

従来のアプリはネイティブアプリ

AppleやAndroidアプリの開発で使用される言語であるSwift/Objective-Cやjava/kotlin

AppleやAndroidアプリの開発で使用される言語であるSwift/Objective-Cやjava/kotlin

ネイティブアプリとは、特定のプラットフォームやデバイスで使用するためにネイティブプログラミング言語で開発されたアプリケーションです。

つまり、iPhoneアプリやAndroidアプリなどのことです。

従来はiOSとAndroidは異なるプラットフォームであるため、それぞれの別々の環境とプログラミング言語を用いて開発する必要があります。

例えば、iOSで動作するアプリはSwiftやObjective-Cを用いて開発し、Androidで動作するアプリはJavaやKotlinを用いて開発します。

そのため、一つのアプリをリリースするには多くの開発者、人件費を必要とし、リリースまでにも時間がかかります。また、運用や保守にも多くの人手と手間がかかります。

そこで登場したのがクロスプラットフォームです。

ハイブリッドアプリ (クロスプラットフォームアプリ)の誕生

クロスプラットフォームとは、iOSやAndroid、さらにはMacやWindowsなど複数の異なるOS上で動作できるアプリを一度に開発できるプラットフォームのことをいいます。

ハイブリッドアプリとはクロスプラットフォームで開発されたアプリのことです。

ハイブリッドアプリは、iOSとAndroid別々に開発するのではなく、一つのソースで開発することができます。それを可能にするツールがReact NativeやFlutterです。

ハイブリッドアプリのメリット

様々なOS上で動作できるハイブリッドアプリ

ハイブリッドアプリには多くのメリットがあります。

より多くのユーザーにリーチできる

アプリが複数のプラットフォームで利用できるようになると、より多くの人に使用されるようになり、マーケティングやコミュニケーションが容易になります。

開発速度を上げながらコストを削減できる

ーつのソースコードだけで多くの異なるプラットフォーム上で動作できるアプリを開発できるため、リリースまでの時間を短縮し、人件費も削減することができます。予算が限られ、コストを削減する必要があるベンチャー企業にとって良い選択肢となってきました。

アプリケーションのロジックも統一される

アプリケーションのロジックも統一されるので、同じエラーを見つけるのにそれほど手間はかかりません。運用や保守も楽になります。

React Nativeのメリット

ReactNativeのメリット

ではここで、クロスプラットフォームアプリ開発の代表的なフレームワークであるReact Nativeについて、より深く掘り下げていきましょう。

大規模なコミュニティ

2015年に登場して以来、React Nativeは開発者とサポートチームのコミュニティがしっかり成長しています。問題が発生した時も、コミュニティから簡単にサポートを受けることができます。

安定したパフォーマンス

AndroidやiOSのネイティブコンポーネントと相互作用することで、ReactNativeアプリのパフォーマンスは非常に安定しています。

ソースコードの再利用性が高い

使えるライブラリも充実しているため、アプリ開発のコストと時間を削減できます。

顧客向けのアプリケーションの作成に時間がかかりません。

開発時のデバッグ作業が容易

エラーを回避しやすく、プロジェクトの品質向上に貢献します。

ホットリロード機能がある

コードを編集するたびに、再コンパイルせずに新しいコードが反映されるため、コードの修正が簡単にできます。

ストアへのアプリの登録が容易

Code Pushが使用でき、アプリストアの審査不要で直接アプリを更新できます。

関連記事:【React Native】アプリのパフォーマンスを向上させるには?

React Nativeにできないこと

ネイティブアプリと比較したときのReact Nativeのデメリットについても見ておきたいと思います。

パフォーマンスは若干落ちる

React Nativeのパフォーマンスは、まだネイティブアプリと完全に同じとまではいきません。しかし、通常のアプリではこの差はほとんど感じることはありません。また、バージョンアップごとに改善されています。

容量が若干大きくなる

React Nativeで書かれたアプリケーションの容量は、ネイティブアプリケーションよりも高くなります。しかし、現在のインターネット環境ではあまり問題になりません。

細かいところまではできない

React Nativeで完全なアプリケーションを作成するには、ネイティブアプリケーションのようにいくつかのコンポーネントを使用する必要があります。

JavaやSwiftなどのネイティブアプリ言語の知識がないと、複雑なアプリケーションを開発することができません。

ゲーム開発には向かない

React Nativeはゲーム開発には向いていません。ゲーム開発にはUnityやRobroxなどのプラットフォームが適しています。React Nativeはツール系のアプリ開発によく用いれらています。

React Nativeを使って作られたアプリ

React Nativeを使って作られたアプリ

React Nativeは登場以来、多くの大手企業で活用されてきました。React Nativeは現在、世界中の多くの企業でアウトソーシングの開発や自社製品の開発に使用されています。

大手企業が開発したアプリには以下のようなものがあります。

  • Facebook
  • Instagram
  • Skype
  • Pinterest
  • UberEATS
  • Discord

わたしたちが普段から手にするおなじみのアプリの多くは実はReact Nativeを活用して作られています。

まとめ

クロスプラットフォームのアプリケーションは、開発にコストが掛けられずスピード感を持ってアプリを開発したい企業にとって多くのメリットがあります。

React Nativeは開発、アップグレード、メンテナンスが便利で、コストも大幅に削減できます。また、多くの世界の大企業で活用され、私たちの普段使うアプリにも用いられていることからも、ハイブリッドアプリ開発における良い選択肢だと言えます。

弊社Rabiloo(ラビロー)は、React Nativeの技術に熟練し、低コスト、スピーディなオフショアアプリ開発サービスを提供しています。これまで様々な業種の日本企業の案件をお受けし、多数のモバイルアプリ開発の成功実績がございます。

 

アプリ開発に関するご相談・お見積りのお問い合わせはいつでもお気軽にお寄せください。

アプリ開発について問い合わせる